Spirent Security Labs

​システムの脆弱性診断及びホワイトハッカーサービス

今やシステムの脆弱性を知るのは当たり前の時代になりました。
どこの企業も自社システム防衛の為に、脆弱性診断やホワイトハッカーを
利用して、その防御に全精力を傾けています。
ですが、残念な事にハッカー達の技術進歩はIT業界のそれよりも早いのが
実情です。
そんなハッカー達の侵入を食い止めるには、診断を行う側の確かな技術力
と、世界で通用する認定資格が求められます。
Spirent社のSecurity Labsは世界トップクラスの技術力とありとあらゆる
​認定資格を保有する、数少ない診断サービスのひとつです。

 

Spirent.jpg
Spirent_edited.jpg

確かな技術力

毎年ラスベガスで行われる全世界ハッカー大会。
そこには世界中から新しい技術を求めて、ハッカーやシステム担当者
が集結します。
それこそシステムのプロ中のプロが集う大会なのですが、そこで新技術を紹介するスピーカーが20人ほど選出されるのです。
​そんなプロ中のプロを相手に新秘術を披露する、本物の技術を有するスピーカーにSpirentのエンジニア達は毎年選出されています。

 

世界的な認定資格

脆弱診断、ホワイトハッカーサービスは誰に任せても良いのでしょうか。
いえいえ、欧米では既に認定資格制度が確立されています。
例えどんな大企業であっても、認定資格を持たない企業は、他社のシステムに侵入する事は許されません。
​この認定資格は、サービスを提供する企業だけでは無く、実際に作業を行う個人にも適用されます。​

認定資格(企業)_edited_edited.jpg